経営理念

株式会社極東技工コンサルタント
代表取締役社長 村岡 基
工学博士
技術士(総合技術監理部門)
技術士(上下水道部門)

 

真のコンサルタントを目指して

 

当社は、「水の総合コンサルタント」を目指して、昭和49(1974)年に大阪市北区で創業しました。以来、上水道・下水道関連施設の計画・設計業務を中心にした受注実績を重ね、社会インフラストラクチャーの整備に貢献する企業として発展してまいりました。

現在は、本社機能を大阪府吹田市と東京都台東区の2拠点化し、「水&環境の総合コンサルタント」として、上水道・下水道だけでなく、トンネル、河川、道路、土質基礎、電気電子、構造の各部門における設計業務を行っています。

また、顧客満足度を高めるため、工期までに正しく付加価値のある成果品の納品を目指し、ISO9001(QMS)の審査登録を行い、品質マネジメントシステムの導入による成果品管理の徹底を図っております。さらに、情報セキュリティに関連する法令等に従い、情報漏洩や損失等の抑止・予防に努め、情報資産に要求される機密性、完全性、可用性を適切に維持するためのISO27001(ISMS)および組織の資産(アセット)をライフサイクルを通じて、コスト・リスク・パフォーマンスのバランスを保ちながら最大の可能性と収益性を確保するためのISO55001(AMS)の審査登録も行っています。

受注体制としましては、大阪本社ならびに東京本社を軸に、東北から九州・沖縄までカバーすべく東京支社、中部支社、中四国支社、西日本支社の4支社を地域拠点として整え、全国に35事務所を配した体制を整えています。

さらに、ノー残業マンスの導入や徹底した時間管理により、長時間労働の常態化が問題となっている建設コンサルタント業にありながら、業界に先駆けた時短勤務への取り組みができていると自負しています。

加えて労働時間の削減だけでなく、社内執行環境の整備や福利厚生の拡充へ向けて社員の意見を取り入れる機会を作り、給与・賞与の支給水準の向上に努めるとともに、一人一人がライフステージの変化に合わせた働き方が選べる環境を整備しました。

今後は、今日までに皆さまから賜った評価と当社が蓄積した技術力をもって、グローバルな視点から、地域に密着したサポートの下、水を育み、環境を守り、暮らしを豊かにすることで、寄せられたニーズにお応えできる真の建設コンサルタントとなるべく、さらなる研鑽に努めてまいります。

これからも変わらぬご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

記事アーカイブ

記事カテゴリー