株式会社極東技工コンサルタント 行動計画


平成29年4月1日
株式会社極東技工コンサルタント
大阪本社総務部

株式会社極東技工コンサルタント 行動計画

 コンプライアンス経営を前提として、ワークライフバランスに配慮し、多様な人材が活躍できる就業環境を整備することで、全従業員が心身の健康を維持し、その能力を充分に発揮しながら働き続けることができるよう、次のように行動計画を策定する。

 
1.行動計画期間
平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 32 年 3 月 31日までの 3年間

2.行動計画内容

目標1: 所定時間外労働を削減し、ゆとりのある生活を実現する。

<対策:現在推奨している「所定時間外労働の削減」に係る取り組みを強化する。>

●平成29年4月~6月 ・所定時間外労働の実態などの集計・分析
●平成29年7月~9月 ・所定時間外労働削減のための新たな施策 および

現在取り組み中の施策の適正な実施についての検討

●平成29年10月~ ・施策の実施
●平成30年10月~平成32年3月 ・効果の検証・改善策検討

 

目標2:有給休暇の取得率を向上し、現状より3日または20%以上のプラスを実現する。

<対策:「計画年休制度」「夏休みの有給休暇取得促進運動」などの取り組みを開始する。>

●平成29年4月 ・有給休暇取得状況の実態などの集計・分析
●平成29年5月~6月 ・「計画年休制度」「夏休みの有給休暇取得促進運動」

などの施策の検討

●平成29年7月~ ・施策の実施
●平成31年4月~平成32年3月 ・効果の検証・改善策検討

 

目標3: 育児および介護中の社員が意欲高く働くことができる就業環境を実現する。

<対策1:出産・育児・介護などに係る公的制度および社内の諸制度についての啓発を行う。>

●平成29年4月~6月 ・公的制度における給付内容の整理
●平成29年7月~8月 ・就業規則、その他社内規定における規程内容の整理
●平成29年9月~10月 ・上記をとりまとめ、掲示などによる従業員への周知

・出産・育児・介護などワークライフバランスに対する相談窓口の設置 および 従業員への周知

<対策2:現行制度に加え、新たな勤務制度導入も検討し、職場復帰しやすい環境整備への取り組みを開始する。>

●平成29年10月~11月 ・出産・育児・介護などの経験者からの意見聴取の実施
●平成29年12月~平成30年2月 ・上記意見を踏まえ、現行の社内規定などにおける課題の洗い出し
●平成30年3月~9月 ・課題に対する解決策、出産・育児・介護中の社員を

対象とした「在宅勤務制度」「時間短縮勤務制度」などの利用状況についてレビュー実施

●平成30年10月~ ・施策の実施
●平成31年10月~平成32年3月 ・効果の検証・改善策検討

 

目標4: 若年者に対する適正な募集・採用機会の確保を実現する。

<対策1:社外PRの場を増加し、採用業務を強化する。>
<対策2:インターンシップの受け入れ体制を強化し、地域学生の能力育成の場を設ける。>

●平成29年4月~6月 ・採用に係る業務の一元化および、担当者の専任
●平成29年7月~9月 ・各種情報媒体における、情報の不一致 および

コンプライアンス違反になり得る情報の精査

・インターンシップの受け入れ概要の作成

●平成29年10月~ ・大学訪問をはじめとした社外PRの場に積極的に参加
●平成30年4月~平成32年3月 ・より効果的なPR方法の検討・実施

 

カテゴリー: 未分類

記事アーカイブ

記事カテゴリー